環境に悪い毛皮

1970/04/11

毛皮のなめし後

大量生産 売れ残り

中国は世界最大の毛皮製品生産国です。国内の毛皮生産に加え、毎年500万枚のミンクと150万枚のキツネの毛皮を海外から輸入している。これらをすべて併せると、世界中で取引される毛皮全量の40%にもなるこれらの毛皮は、中国国内で染色され、ファッショナブルに色づけされた毛皮は再び世界の市場へと輸出される。

2002~2003年にかけて、フィンランドで生産されたキツネの毛皮(845,325枚)のうち40%が中国および香港へ輸出された。38%のミンクの毛皮(1,633,682枚)も中国へ輸出されている。しかし2004年、中国国内での毛皮の生産量が飛躍的に増加したため、ヘルシンキやコペンハーゲンの毛皮取引場では、多くの毛皮が売れ残る結果となった。中国や香港の毛皮のバイヤーが買い付けをしなかった。

環境汚染

毛皮の為に殺される動物の数を考えるとき、それに伴って発生する副産物の環境への負荷は非常に大きな問題になっている。

膨大な量の血液、内臓などの廃物が蓄積した屋外の屠場からは、多くの環境汚染物質が発生する。

環境汚染の問題は、毛皮の染色施設にも言えます。クロミウムを含む危険な科学物質の数々は、周辺住人の健康・環境への重大な被害をもたらします。Shaanxi大学のチェン・フェンジア教授によると、「不適切な染色処理、特に毛皮のそれによって発生する公害は、大きな問題となりつつある」。
*3 例えば、海寧省や浙江省にある市場では、毎日約100,000枚もの生皮が取引され、化学処理が施され、染色されている。
毛皮は、動物から剥ぎ取られた後、化学的に加工しなければならない。毛皮は死んだ動物の一部であるため、菌やバクテリアなどから保護しなくてはならないのだ。界面活性剤と脂肪、溶媒、酸、タンニン、殺生物剤、殺菌剤、染料と漂白剤などの混合なめし剤が使われる。
使われる有害な化学薬品は、例えば、環境および人体への影響がある六価クロムホルムアルデヒドが含まれる。これらは刺激性が強いだけでなく、人体に影響がある発がん物質である。

同じカテゴリの記事

動物の未来はあなた次第!ACTION!

チラシ配りをする
毛皮、動物実験、畜産と環境などのチラシの配布に協力してください。

寄付をする
毛皮をなくすための運動の継続と、運動をさらに大きくするため、資金の援助をお願いします。

会員に登録する
メンバーになり一緒に活動してください!

真実を知る

NPO法人アニマルライツセンター公式Facebook NPO法人アニマルライツセンター公式Twitter NPO法人アニマルライツセンター公式Flicker NPO法人アニマルライツセンター公式YouTube

managed by RCMS